プロフィール

優花

Author:優花

これまでいろいろなダイエットに挑戦してきました。
その中で実際に効果があった方法を、詳細な説明を加えながら、じっくりと検証していきます。
まわりの友人たちも加わって、様々な角度から評価していく、実体験ドキュメントにしたいと思っています。
時々、美容関係のエピソードも紹介します。

カウンター
最近の記事
ランキング


月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

きれいに痩せる6<姿勢ウォーカーTシャツ>

きれいに痩せる 6

<姿勢ウォーカーTシャツ>

 

biyou_tsurutsuru.png

 





前回も書いたように
各種ファッション雑誌の
読者モデルが
愛用しているという
姿勢ウォーカー
について、
私は、
もうこれ以上話は要らない
と思うくらい
おなかいっぱいに情報を
得たつもりだった。

ところが、隣を見ると、
友人Mは、
まだまだ話し足りない
という顔をしている。
そして、
私の思惑など
まるで意に介さずに
再びしゃべり始めた。

「例えばね、
 無駄な贅肉を隠したい
 って思っている女性が
 どのくらいいると思う?」


「どのくらいって?……。
 少しでも
 贅肉が付いている
 人だったら、
 誰だって、
 そう思うんじゃないの?」


仕方なく私は、
相槌を打つ感じで応じた。

「そうなのよ。
 私の周りの主婦は、
 ほぼ全員が
 そう思ってるわ。
 減らなくてもいいから、
 取り敢えずは、
 隠してしまいたい
 ってね」


「まあ、その気持ちは
 わかるわ」


「でしょう! 
 でもね。それだったら、
 着る物の選択で
 なんとかなるじゃない」


「まあね。
 結構、気を使うけど……。
 普通の女性が
 衣服を選ぶとき、
 そういうところに
 かなり神経を
 使っているのは
 ごく常識的なことだ
 と思うわね」


「だけど、その行為は、
 ただ、
 隠すだけじゃないの?
 本来の、
 身体は全然変えて
 くれないわ」


「当然そうよね」

「ところが、
 この姿勢ウォーカーは、
 見た目のスタイルを、
 一時的に
 変えるだけじゃなくて、
 各部位に
 埋め込まれている
 パワーネットが
 あちこちのスタイルを
 整えてくれるの」


「うん。そこも
 わかってるつもりよ」

「肝心なのは…
 ねぇ、よく聞いてよね」

 
「わかったわよ!」

思わず声が大きくなった。
しかし、彼女は
全く気にせず先を続ける。


「これは、
 骨盤を矯正して
 くれるの。
 だから、
 見かけだけでなく、
 身に付けているうちに、
 自然に、
 太りにくい身体に
 なっていくのよ。
 ここが重要なのよね」



まるでセールスマンの
ような口調で、
友人M
ひどく雄弁になっていた。


「どうせ、
 贅肉部分を隠すなら、
 ただの衣服で
 誤魔化すんじゃなくて、
 これを身に付けたほうが
 いいってことね」


私が話を整理する。


「そういうことよ。
 このグッズは
 骨盤矯正が大きな目的
 なんだけれども、
 まず、すぐに見た目が
 大きく変わってくれるの。
 
 そういう効果を望む人は、
 それだけでいいのかも
 しれないんだけれど、
 実際は、身体全体が
 徐々にシェイプされていく
 という効果もあるの。
 もちろん、
 バストがアップするという
 別の効果もあるけどね」


「うーん。
 モデルが愛用するのも
 わかるわね」



私は不覚にも、
そこで大きく
うなずいてしまった。
彼女のペースに
いつの間にか
引きずりこまれていたのだ。

それほどに、
今日の彼女の話には、
一段と
説得力があったのだろう。

私の購買意欲も
だんだん盛り上がってきた。
早く注文したいと
思い始めた自分がいる。
どうしようか?




 


姿勢ウォーカーに
興味を持たれた方、
もっと詳しく
内容を知りたい方は、
このバナーからどうぞ。







ダイエット情報は⇒人気blogランキングへ


さらに豊富な情報は⇒FC2 Blog Rankingへ



 








テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

きれいに痩せる7<姿勢ウォーカーTシャツ>

きれいに痩せる 7

<姿勢ウォーカーTシャツ>

 

fashion_gaucho pants_woman     
 


 




さて、これまでに
友人Mから得た
情報を元に
結局自分が、
姿勢ウォーカー
購入を決意した
ことを
思い切って
彼女に告げてみた。

すると友人Mは、
こともなげに
軽く言い放った。

「たぶん、
 そうくると思って
 いたのよ」


「えっ!?」

私は思わず
彼女を見つめた。
言葉の端に何か
思惑がありそうなことに
感づいたのだ。
そして、
それは決して
勘違いなどでは
なかった。

「私ね……、
 なんとなくついでに
 買ったようなことを
 言ってたけど、
 実は
 二枚買いを
 していたのよ」


「本当なの?
 信じられない!」


「きっと、
 いい商品だと
 思ってね、
 思い切って二枚
 注文してしまったの。
 あなたと私は、
 身体のサイズが
 ほとんど同じだから、
 試しに着てみたら
 いいと思って、
 今日、
 持ってきているのよ」



彼女はそう言うと、
道路に停めてあった
軽自動車に
軽い足取りで
向かっていった。


「ほら、まだ私は
 腕も通していないのよ」

「私が、
 先に着てもいいの?」


「いいわよ。
 そのつもりで
 持ってきたんだから。
 気に入ったら、
 あなたも
 買えばいいのよ」



といった経緯で、
購入しようと決めた
直後の
私の腕の上には、
既に、
その
姿勢ウォーカー
乗っかっていた。

 
これまで学習した通りに、
上からでなく、
脚を通して、
下の方から履いてみる。

おなかのところは
お肉を
持ち上げるようにして、
バストも
しっかりと上げながら
身に付けた。


「どう?
 初めて着た感想は?」


「うーん。
 ちょっと違和感が
 あるかな……」


「たぶん、
 そう言うと思ったわ。
 あなた、
 自分で気付いていない
 と思うけど、
 結構、
 歪んだ姿勢をしている
 もの。
 そういう人が着ると、
 余計
 違和感を持つものよ」


「そうなのかな?」

言いながら、私は
姿勢をのばしてみた。

「うん。いいわよ。
 背が少し伸びたわ」


「うそー!?」

「本当よ。
 丸まっていた背中を
 伸ばしたから、
 こっちから見ると、
 そんな感じがするのよ」


「最初に見たとき、
 私が着られる
 サイズじゃないって
 思ったけど、
 だんだん
 なじんでくるわね」



それが私の本音だった。
確かに、
着る前は
本当にきつそうに
みえたのだ。

ところが、
伸びるところが
しっかり伸びてくれる
ので、
苦しいどころか、
わりと
楽に着られてしまった。 


「少し動いて
 ごらんなさいよ」


そう言われて、
いつものストレッチを
やった。

「なんか、いつもより
 身体が軽いわね」


「そうでしょう。
 正しい姿勢になると、
 身体の動きも
 軽快になるのよ」


「うん。いい感じだわ。
 スタイルも良くなった
 気がしてきたもの」

私の言葉が、
随分軽くなっているのが
判った。

「実際に
 良くなっているのよ。
 早く姿見のところへ
 行ってみたらいいわ」


うながされて、
鏡の前に立つ。
確かに、幾分
スッキリしたスタイル
になっている。
それでいて、
常時「締め付け感」が
あるわけではない。

決して、
スタイルのために、
無理をして着る物では
なかった。

これを身に付けて、
毎日動き回っていれば、
自然と
まともなスタイルを
ゲットできる
気がしてきた。


「ありがとう。
 かなり気に入ったわ」


私は本心から言った。

「せっかく
 持ってきたんだから、
 しっかり気に入って
 もらわなけりゃね」


「うん。
 絶対に私も買うわ」

「というよりも、
 そのまま着ていたら?」


「どういうこと?」

「あなたが
 同じ物を買って、
 それを私に
 渡してくれれば
 いいのよ」



彼女らしい提案だったが、
私にも依存はなかった。
本当のことを言うと、
しばらく着ていたかった。

買おうと思い立った日に、
手にはいるとは
考えてもいなかったので、
なんか嬉しかった。
とりあえず、
友人に感謝だ。





 

姿勢ウォーカーに
興味を持たれた方、
もっと詳しく
内容を知りたい方は、
このバナーからどうぞ。







ダイエット情報は⇒人気blogランキングへ


さらに豊富な情報は⇒FC2 Blog Rankingへ




テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット